クロスバイクメーカーCANNONDALEの魅力に迫る

CANNONDALEの名は、工場の最寄り駅だったCANNONDALE駅が由来とされている。

1971年にアメリカのピクルス工場の屋根裏からCANNONDALEは誕生した。

サイクルバッグの製造から始まり、バイシクルトレーラー「Bugger」を製造したことが大きな転機となる。

リアカー式のトレーラーは瞬く間に世界中で大ヒットとなる。

大径アルミフレームバイク「ST500」やリアサスペンション付きフレーム「E.S.T.」など、それまで自転車業界には無かった世界初の製品を続々と誕生させた。

片持ちフォーク「LEFTY」や「BB30」の開発にも成功し、他の自転車メーカーの追随を許さない。

これらの画期的な新製品により、ロードレースにおいてチャンピオンを数多く輩出してきた。

ロードバイクだけでなく、クロスバイクやツーリングバイクなどバイクの種類も豊富だ。

CANNONDALEのクロスバイクに用いられるアルミは、世界最高峰とも言われ、特にCAADシリーズは世界中にファンを獲得している。

直進もコーナリングも抜群の安定感を誇り、かつCANNONDALE独自のアルミ素材で超軽量を実現した。

通常、カーボンと比べアルミは振動の吸収性が悪く、車体が重くなりがちだが、CANNONDALEはそれらの欠点を払拭し、アルミニウムの再開発に成功したのだ。

そうした企業努力により、CANNONDALE独自のアルミバイクは、世界中のトップライダーから支持されるバイクとなった。

独自のアルミバイクの特徴として、ペダルを踏む力がそのまま推進力となる。

ペダルの硬さが気になるライダーには、おすすめのバイクと言えるだろう。

価格帯はおおよそ10万円からで、初心者向けとは言えないかもしれないが、たしかな乗り心地は約束される。

初心者向けのクロスバイクに適しているのは、クイックだ。

快適な乗り心地とペダルの軽さは、一度乗れば忘れられないことだろう。

CANNONDALEのなかでもオールラウンダーと言えるモデルは、SYNAPSEだ。

長距離走行でも負担なく、快適性を限界まで追求されている。

普段使いからレースのバイクとしても、申し分なく活躍できるバイクと言える。

女性向けのクロスバイクのラインナップもあり、トップチューブが採用されている。

機能性・デザイン性ともに優れた製品が多いことが特徴だ。

QUICK4の2015は、32mmと太めのタイヤ幅であることから、走りの安定性は約束されている。

タイヤ幅などは、後からカスタマイズすることも可能だ。

左側フロントフォークだけで前輪を支える仕様のレフティは、CANNONDALEの遊び心の表れでもある。

CANNONDALE(キャノンデール)LINEUP

クロスバイク

  • quick
    QUICK

    badboy
    BADBOY

    caadu
    CAADU

  • streetperx
    StreetPERX

クロスバイクメーカー キャノンデールの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績