ÓcXI[vI

クロスバイクメーカーGIANTの魅力に迫る

GIANTは、1981年に台湾で設立されたアジアでもトップレベルを誇るクロスバイクブランドだ。

もとは、うなぎの養殖場として始まり、1969年に自然災害に見舞われたことがきっかけで、後のGIANT会長となる劉金標が自転車創業へと乗り出す。

OEM生産のみしか行っていなかったため経営は悪化したが、シュインバイシクルカンパニーの下請けとなったことで、飛躍的な進歩を遂げることとなる。

Tig溶接のアルミフレームやカーボンフレームを製作する技術においては、他の自動車メーカーの群を抜いている。

1980年においては、台湾でもトップレベルの自転車メーカーとなる。

その後、ヨーロッパやアメリカ、日本など海外へも進出を果たし、法人を構えるまでに成長した。

GIANTの魅力は、コストパフォーマンスが高いことだ。

ほかの自動車メーカーと同価格のクロスバイクであっても、GIANTの製品は他よりもハイスペックな自転車を手に取れることが魅力の一つである。

ビギナー向けのオーソドックスなクロスバイクは、5万円以下で入手することが可能だ。

初心者にとっては、手に入れやすい価格帯のクロスバイクが揃っているGIANTは、選びやすいブランドであると言えるだろう。

GIANTのなかでも初心者向けクロスバイクの代表格は、国内企画モデルでもあるエスケープシリーズだ。

オーソドックスでトップクラスの販売実績を誇るモデルから、スポーツライドを味わいたい人向けのモデル、車体が9.9kgと超軽量なバイクまで取り揃えている。

タイヤ幅はシティバイクの30mm幅よりも2mm細く、28mmという細さで接地面積が小さなことから、スピード感にも定評がある。

全てのパーツが軽量化されており、24段階変速機能付きのクロスバイクであることも、スピードの速さに一役買っている。

マエストロ・サスペンションの発明者でもあり、カーボンフレームを初心者にも手に取れる価格まで引き下げたのは、GIANTの大きな功績であると言えるだろう。

2010年からは、女性向けクロスバイクのLiv/giantの販売にも乗り出した。

小柄な女性でも快適な乗り心地となるよう、スモールフレームが採用されている。

女性や子どもにも手に取りやすいクロスバイクとなるよう、パステルカラーのクロスバイクなどが多く取り揃えられている。

7万円台から購入できるSCRシリーズは、クロスバイク入門レベルとして人気が高いシリーズだ。

本格的なクロスバイクが楽しみたい上級者向けのモデルは、16万円台で購入できるFASTROAD COMAXシリーズ。

フルカーボンのため、振動や衝撃の吸収性の良さが特徴の一つだ。

GIANT(ジャイアント)LINEUP

クロスバイク

  • escape
    ESCAPE

    rx
    RX

    fastroad
    FASTROAD

  • anyroad
    ANYROAD

    s-r
    S-R

    crostar
    CROSTAR

  • defy
    DEFY

    fcr
    FCR

    gramme
    GRAMME

  • idiom
    IDIOM

クロスバイクメーカー ジャイアントの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績