ロードバイクメーカーDEROSAの魅力に迫る

かつてイタリアに、12歳にして自転車フレームの製作に携わったウーゴ・デローザという天才少年がいた。

後にDEROSA の創業者となる人物だ。

彼は1953年、18歳の時に独立して工房を立ち上げた。

そこからDEROSAは走り始めた。

立ち上げ以来、ウーゴは独自の哲学のもと、フレーム製造やプロチームのメカニックの担当など、精力的に活躍してきた。

有名なのが、史上最強のレーサーと呼ばれたエディ・メルクスとのエピソードだろう。

彼はプロの現役生活で425勝をあげるという、圧倒的な強さを見せつけたレーサーだ。

メカニックにも極端にうるさかった彼が現役時代の最後に乗っていたのが、DEROSAの自転車だった。

1974年以来、ウーゴはメルクスのために年間50本ものフレームを作った。

メルクスがどんなに厳しい要求をしようとも、ウーゴはそれに応えたという。

このような厚い信頼関係が、メルクスのロードレーサー人生を支えていたと言える。

現在は、ウーゴが名目上はDEROSAのトップであるが、彼の息子によって事業は引き継がれ、途切れることなく新作自転車が発表されている。

DEROSAといえば、ハートマークのついたロゴが象徴的だ。

そのデザインは一流の自転車メーカーにはそぐわず、どことなく愛らしさがあり、女性サイクリストにも人気が高い。

このハートのロゴは、創業者ウーゴの自転車作りに対する「情熱」を表している。

この情熱こそがDEROSAの自転車作りの核といっていいだろう。

DEROSAは、金属フレームの技術とともに発展してきた。

機械による大量生産が進む中でも、DEROSAの金属フレームは1本 1本、ハンドメイドにこだわって作られている。

ウーゴから技術を叩きこまれた職人たちが丁寧に作り上げた自転車は、実際に乗ってみて初めてレベルの高さがわかるだろう。

特に金属フレームの溶接技術は素晴らしく、非常に高い評価を受けている。

カーボンフレームが主流になっても、DEROSAのものづくりは変わらない。

金属フレーム作りで得た知識と技術を、自社の最新モデルに惜しげもなく詰めこんでいる。

代表的なのが、DEROSAの技術の結晶ともいえる「PROTOS」であろう。

ハイエンドなレース仕様のカーボン素材が特徴で、デザインや機能性のどれをとってもトップレベルだ。

レーサーたちの能力を最大限に引き出してくれるモデルといえよう。

その他にも、レースからロングライドまで幅広い目的で乗ることのできる「IDOL」も人気が高い。

美しい外見とは裏腹に、軽量性を実現させ、耐久性に優れたタフなフレームが特徴的。

さらには弾性と振動吸収にも優れており、長い距離でも乗り心地は快適そのものだ。

DEROSAの魅力は、創業してからずっと変わらずにあるウーゴの情熱であろう。

時代が進んで技術が発展しようとも、DEROSAの姿勢はぶれない。

DEROSAに一度乗れば、気に入ってずっと乗り続けてしまう理由もそこにあるのだろう。

DEROSA(デローサ)LINEUP

ロードバイク

  • IDOL
    IDOL

    AVANT
    AVANT

    NeoPRIMATO
    NeoPRIMATO

  • R838
    R838

    SK
    SK

    MERAK
    MERAK

  • TITANIO
    TITANIO

    PLANET
    PLANET

    Nick
    Nick

  • PROTOS
    PROTOS

    King XS
    King XS

    Milanino
    Milanino

  • NUOVO CLASSICO
    NUOVO CLASSICO

    CORUM
    CORUM

ロードバイクメーカー デローサの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績