フレームについて

フレームは自転車の体の部分であり、素材や形など、各メーカー実に多くの種類のフレームが有ります。
その中でもオーソドックスなフレームの形をダイヤモンド型フレームと言います。
大きく分けて3つの素材に分かれますが、その特徴はそれぞれ、
・アルミ・・・比較的安価でパワーロスが少ない。
・クロモリ・・・疲れにくく、ロングライド向き。
・カーボン・・・非常に軽い。
となっております。また、搭乗者の身長等に合わせて自分に合ったフレームのサイズを決めます。

ANCHOR(アンカー) / BIANCHI(ビアンキ) / CANNONDALE(キャノンデール) / CERVELO(サーヴェロ) / COLNAGO(コルナゴ) / DEROSA(デローザ) / FELT(フェルト) / LOOK(ルック) / SPECIALIZED(スペシャライズド) / PINARELLO(ピナレロ) / CINELLI(チネリ) / OPERA(オペラ) / INTERMAX(インターマックス) / RIDLEY(リドレー) / INTENCE(インテンス)

フレームへの想い

ロードもマウンテンも、上位機種になると完成車ではなく、フレームのみの販売になります。それに合わせていろいろなパーツを付けるのですが、フレームは本体の部分になりますから、乗り味 スピード を決める一番重要な要素になります。ジオメトリと重量の観点から、年々進歩が続き、現在レースにおいては、ほぼカーボンフレームが主流になっています。眠らせているクロモリフレームなど査定させてください。

フレームの買取実績


買取強化中のフレーム

ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です
ただ今準備中です


ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績