ÓcXI[vI

ロードバイクメーカーSCOTTの魅力に迫る

ロードレースファンにとってお馴染みのブランド、SCOTTの原点は意外なことにスキー用品にある。

1958年にSCOTTはスキー用ストックメーカーとして創業された。

創業者エド・スコットによって開発されたアルミ製のスキーストックはスキー業界に革命を巻き起こした。

その革新的技術が自転車の分野に持ち込まれたのは比較的遅く、SCOTT製の最初のマウンテンバイクが誕生したのは、創業から30年近く経った1986年のこと。

その後のSCOTTの活躍は目覚ましいものがある。

1989年のツール・ド・フランスでは同社のエアロバーを使用してグレッグ・レモンが総合優勝を果たし、2001年には世界で初めて1kgを切るフレームの開発に成功した。

現代も多くの選手が同社の製品を愛用し、ロードレースの世界に足跡を残し続けている。

2001年に世界最軽量ロードバイクフレーム「チームイシュー」を発表、2003年には同社のCR1ブランドがフレーム重量895gを達成するなど、SCOTTは創業当時から軽さと速さを追求してきたブランドだ。

2007年に発表した最軽量ロードフレーム「ADDICT」は、重量わずか790g、完成車でも5.9kgという驚愕の数字を達成した。

一般に市販されているロードバイクの総重量が10kg前後であることを考えれば、この数字がいかに驚くべきものかわかるだろう。

ロードバイクを求める多くの人にとって、速さが大きな魅力であることはもちろんだ。

そして、軽さは速さに直結することは、ロードレースの世界では常識とされている。

とりわけ山を登るヒルクライムにおいて、車体重量の差は大きな違いを生み出してきた。

軽さを追求し続けることによってSCOTTは、ロードレースの世界で今も第一線で戦い続けているのだ。

速さの追求は積極的なe-bike開発にも表れている。

e-bikeは日本では馴染みのない自転車だが、一種の電動自転車のことを指す。

もっとも、日本の楽に乗るために作られた電動自転車とは全くの別物だ。

これまでの自転車ではあり得ないパフォーマンスを実現するために、モーターアシストを使用したe-bikeは、ときに時速40kmを超える高速走行をいとも簡単に実現する。

そんなe-bikeをSCOTTは、2011年に電機メーカーBOSH社と共同開発した。

SCOTT社は一貫して速さと軽さにこだわってきた会社だと言える。

2017年現在、創業から60年近く経つ今もその精神は受け継がれており、その精神こそが同社の最大の魅力であり続けている。

SCOTT(スコット)LINEUP

ロードバイク

  • addict
    ADDICT

    speedster
    SPEEDSTER

    foil
    FOIL

  • cr1
    CR1

    solace
    SOLACE

ロードバイクメーカー スコットの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績