BIANCHI(ビアンキ)クロスバイク買取 | 自転車のリサマイ

クロスバイクメーカーBIANCHIの魅力に迫る

BIANCHIは1885年創業、イタリアの老舗自転車メーカーだ。

イタリアのミラノ、ニローネ通り7番地にエドワルド・ビアンキによって開かれた小さな自転車屋は、その後130年以上も続き、今では現存する最古の自転車メーカーとなった。

ロードレースの世界でも愛用者は多く、ファウスト・コッピやマルコ・パンターニといったイタリアの名選手とともに、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった世界に名だたるレースで栄冠を勝ち取ってきた。

その優れた自転車製造技術はクロスカントリーの世界でも愛用者を増やしており、ロードレースと合わせると、これまでに300以上の勝利を積み重ねている。

まさに名実ともにイタリアを代表する自転車メーカーと言えるだろう。

BIANCHIの自転車を語るうえで外せないのが、代名詞ともいえる鮮やかなカラーリングだろう。

緑がかった青色をしたこの色は、イタリア語でチェレステ(Celeste)と呼ばれる。

街中を走る自転車を見ていても、BIANCHIのものが一目見ただけでそれとわかるのは、この色がBIANCHIというメーカーを体現しているからだ。

一説によると、このチェレステはイタリアの王妃マルゲリータの瞳の色をモチーフにしたといわれている。

この伝説は1895年、マルゲリータ王妃に創業者のエドワルド・ビアンキが歴史上初の女性用自転車を献上したことに由来している。

また、チェレステの色合いには、毎年少しずつ変化が加えられている点も見逃せない。

これは、その年のミラノの空の色を見て、現地の職人が色を調合するためだといわれている。

青みが強い年があれば緑が強い年もありといった風に、製造年によって色合いが微妙に異なるのはそのためだ。

カラーリングひとつをとっても歴史やエピソードに事欠かない、それがBIANCHIの魅力といえるだろう。

もうひとつ、BIANCHIを語るうえで忘れてはならないのがアルミフレームだ。

現在のロードレース界では軽くて丈夫なカーボンフレームが主流となっている。

BIANCHIはそんなカーボンフレームをいち早くレースで採用したメーカーだ。

しかし、その後もBIANCHIはアルミフレームにこだわり続けてきた。

BIANCHIを象徴するチェレステを最も美しく見せるのが、アルミフレームだと考えているのかもしれない。

BIANCHIでは、ほかのメーカーと同様にカーボンフレームの自転車も生産している。

それでもやはりアルミフレームとチェレステの組み合わせは、今も多くの人をBIANCHIの自転車に引き寄せる要因となっている。

BIANCHI(ビアンキ)LINEUP

クロスバイク

  • cameleonte
    CAMELEONTE

    via nirone
    VIA NIRONE

    roma
    ROMA

  • metropori
    Metropori

    cielo
    CIELO

    viale
    Viale

  • lupo
    Lupo

    pista viabrera
    Pista ViaBrera

    passo
    PASSO

  • attivo
    ATTIVO

クロスバイクメーカー ビアンキの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績