GT(ジーティー)クロスバイク買取 | 自転車のリサマイ

クロスバイクメーカーGTの魅力に迫る

GTの歴史は、1973年、楽器の修理職人だったゲーリー・ターナーが自分の息子のためにBMXレーサーを作ったことから始まった。

当時の最先端素材クロモリと彼の高度な溶接技術によって作られたBMXレーサーの噂は瞬く間に広まった。

カリフォルニア州でバイクショップの経営をしていたリチャード・ロングの店にも、ゲーリーのフレームを欲しがる客が殺到するようになり、彼がゲーリーに自分の店での製作や販売の話をもちかけたことからGT bicycleのブランドを設立したのが1979年。

1980年代にはBMレースの上位をGTのバイクが独占し、BMX界の頂点へと昇り詰めた。

GTがマウンテンバイクの開発に乗り出したのは、1980年代後半からだ。

1991年にはアメリカで初のアルミ素材MTBを制作。

その後も次々と最先端素材を活かしたフルサスペンションMTBを開発。

マウンテンバイクの一大ブランドとなった。

GTの魅力は、マウンテンバイクでありながらスタイリッシュなバイクが揃っている点だ。

アグレッサー、アバランチェと言った定番モデルをはじめ、ほかのブランドよりもラインナップが充実している分だけ選択肢の幅が広い。

もともとBMXで頂点を極めたGTだからだろうか。

クロスバイクの特徴とシングルギアの特徴をミックスした街乗りしやすいスタイルのバイクが多い。

どのような場所で乗るかによって使い分けがしやすいのもGTの特徴と言ってよいだろう。

GTの伝統的なスタイル「トリプルトライアングルフレーム」やほかにはない特徴的なパーツの数々は、一般的なクロスバイクとは一線を画している。

たとえば、GTで採用しているコースターブレーキは一度搭載車に乗ってみると、使い勝手のよさを実感できるはずだ。

慣れるまでは違和感があるかもしれないが、慣れてしまえば、手で握るブレーキよりも使いやすくなるはずだ。

ルックスのシンプルさもGTの魅力と言ってよいだろう。

昔から変わらないスッキリとした外観は、余分なものを嫌う人なら、はまること間違いなしだ。

もうひとつGTのマウンテンバイクの特徴的な点を挙げるなら、自動変速がある。

オートマ感覚でスイスイと変速していく感覚はなかなか面白い。

もともと悪路走行を想定したマウンテンバイク。

アップダウンのきついところで走らせることを前提として作られている分だけ街乗りでも便利に使える。

多少の段差なら物ともせずに走れるのは魅力的だ。

搭載メカが個性的なのに、見た目はシンプル。

それでいてシンプルすぎず、オリジナリティのあるデザインもところどころにちりばめられている。

色も派手すぎないから年齢も性別も問わない。

走行性と扱いやすさを兼ね備えた27.5インチタイヤと、それに対応したサスシステムの導入でますます独創性に磨きをかけている。

GT(ジーティー)LINEUP

クロスバイク

  • grade
    GRADE

    zaskar
    ZASKAR

    traffic
    TRAFFIC

  • aggressorexpert
    AGGRESSOR EXPERT

クロスバイクメーカー ジーティーの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績