LOUIS GARNEAU(ルイガノ)ロードバイク買取 | 自転車のリサマイ

ロードバイクメーカーLOUIS GARNEAUの魅力に迫る

LOUIS GARNEAUはカナダのケベック市で誕生したロードバイクメーカー。

同市に生まれたルイ・ガノーは13歳から自転車レースを始め、1984年のロス・オリンピックではカナダ代表に選ばれるほど有望な選手だった。

また、自転車競技の選手であると同時に、大学で芸術を学ぶアーティストとしての一面も持ち合わせていた。

そんな彼がサイクルウェアを作り始めたのは、もはや必然といえる。

1981年にLOUIS GARNEAUブランドとして14色のサイクルウェアを製作、これまでになかったデザインと色合いで市場から高く評価された。

その後、競技選手を引退したルイ・ガノーは、本格的に自転車本体の製作にも着手。

そのデザイン性と機能性に多くのファンがつき、今やLOUIS GARNEAUはカナダを代表する自転車メーカーとなっている。

LOUIS GARNEAUの魅力として第一に挙げられるのは、その高いデザイン性だ。

蛍光色に近い黄色や水色、それに赤といった鮮やかなカラーリングはそれまでのロードバイクの常識を覆すものであり、またその後のデザインに大きな影響を与えている。

LOUIS GARNEAUのバイクのコンセプトのひとつに、「街を彩る人と一緒に景色の一部となれること」が挙げられる。

LOUIS GARNEAUの自転車に乗った人が街並みに溶け込むことで、自転車に乗る人の美しさが際立つだけでなく、街に新たな装いをもたらすことができる。ルイ・ガノーはこう考えているのだろう。

ケベック市立美術館に作品が飾られているアーティストでもある、ルイ・ガノー。

彼が製造するロードバイクのデザインが優れていないはずがない。

そして、ケベックという美しい街に生まれ育った彼にとって、美しい街並みと調和する自転車を作ることは、かつてサイクルウェア造りを始めたのと同じように、当たり前のことなのかもしれない。

LOUIS GARNEAUの自転車にはもうひとつ、安全性という強みがある。

LOUIS GARNEAUが販売対象としているのは、ロードバイク市場の主要なターゲットである成人男性だけではない。

女性や子どもも乗りやすい自転車を目的別に多数揃えているのも、LOUIS GARNEAUの特徴だ。

ロードバイクだけでなく、ちょっとした買い物にも使えるシティサイクルや小回りの効くミニベロ、それにキッズバイクなど、用途に合わせた自転車がバリエーション豊富に用意されている。

子どもが乗るためには安全性に十分配慮する必要があり、またスカートでも乗れるデザインにすることで、多くの女性が気軽に自転車を利用できるようになる。

こうした課題をクリアし、家族みんなで乗れる自転車ブランドを創造すること。

LOUIS GARNEAUは今もそこに向かって走り続けている。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LINEUP

ロードバイク

  • cen
    CEN

    ctr
    CTR

    cr
    CR

  • rsr
    RSR

    asr
    ASR

    ct
    CT

  • wtr
    WTR

    csr
    CSR

    wsr
    WSR

ロードバイクメーカー ルイガノの買取実績




ピックアップコンテンツ

アトランタオリンピック出場安原晶弘監督×自転車のリサマイが夢の対談!

買取カテゴリ一覧

自転車本体
ロードバイク
クロスバイク
ミニベロ(小径車)
折り畳み自転車
マウンテンバイク
BMX
ピストバイク
ヴィンテージ自転車
電動アシスト自転車
トライク
人気ブランド自転車
自転車用品
ホイール
フレーム
コンポーネント
その他
自転車用品各種
ウェア・アクセサリー
トレーニンググッズ&その他

その他取扱商品・人気商品のご紹介

あなたに合わせた3つの買取方法!
  • 出張買取
  • 店舗買取
  • 宅配買取
多数の買取実績があります!
  • 関東エリア買取実績
  • 関西エリア買取実績
  • 中部エリア買取実績
  • 九州・中国エリア買取実績